2015年9月25日 (金)

鰹は好きですか?

こんばんは、今日は鰹のお話です。

鰹は磯野家の長男で・・・。。。

真面目にします。(/▽*\)~♪

皆さん鰹はすきですか?

僕は大好きです。

お好きなのは初鰹ですか?戻りガツオですか?

僕は戻りガツオです。今日はこの二つの鰹のおはなしです。

夏、イワシを追いながら、鰹は黒潮に乗って列島沿岸を三陸沖へ北上します。

それが初鰹。のぼりがつおともいいます。

秋になって水温が下がり始めると、たくさんの餌を食べて丸々太った鰹が南下します。

それが戻りガツオです。ですから今は戻りガツオ最盛期。。。八神でもよくつかってます。

何でも、脂ののりは初鰹と戻りガツオでは10倍違うのだとか、、、。

基本初鰹は小ぶりです。で皮もやわらかいです。なので、皮ごとタタキにすることがおおいです。

戻りガツオは餌をたくさん食べて 丸々太っていて、大きいです。

ですからお刺身にすることが多いです。(もちろんタタキにもします。)


Image_3


Image_4

で、驚くことに鰹の栄養価はものすごい。

書くと長いのでこちらをご参照ください。

http://matome.naver.jp/odai/2140747515633351101
そんな鰹。

食べないなんて勿体無いです。

当店では使う日使わない日がありますから、是非当店に食べに来てくださいとは

言えませんが、是非是非市場で見つけたら食べてください。

美容と健康と至福の美味しさを味わうために。

では今日はこの辺で失礼しますm(_ _)m

今日もありがとうございました。


Image_5

2015年9月24日 (木)

愛媛の郷土料理芋炊きの巻

今日は今月の八神の会席料理の炊き合わせでもある芋炊きのお話です。

愛媛の方なら知ってますよね?芋炊き。愛媛の郷土料理です。

この芋炊きは、愛媛全土でおこなわれてます。

その大体は河川敷でおこなわれてます。

まずは発祥の大洲市の芋炊き、

伊予西条の芋炊き、

新居浜市の芋炊き

四国中央市の芋炊き、

そして我が松山市の芋炊き。さらには

東温市の芋炊き。

芋たきとは、秋に月見を兼ねて、屋外で芋を炊き、それを肴に宴会をすることです。

その具材は地方によって様々。

当店では、鶏肉、里芋、大根、人参、蒟蒻、牛蒡、厚揚げ、京ネギの8素材をもちいてます。

味付けのイメージは里芋の含め煮。(わかります?)

じゃあ、うどん出汁(⇦これはわかります?)うどん出汁を少し濃いめに濃口しょうゆも

少し加えた感じ。わかりにくいかな(笑)

わからない方は今月中にご来店ください(八神のPR)ヾ(´ε`*)ゝ

先日ご来店頂いた東京のお客様にもとても好評でした。

数少ない愛媛の 郷土料理。

愛媛の料理人として、今後とも大切にしていきたい次第であります。

今日はご観覧くださいましてありがとうございました。m(_ _)m


Image_2